地球の歩き方「旅プラザ」TOP  >  テーマで選ぶ > ユースの旅 > テーマで探す

テーマで探す

リンクをシェアする

せっかく行くならテーマを決めて行こう!ヨーロッパに行って何をする?どんな旅をする?
なぜヨーロッパ?なぜ個人旅行?100人に聞けば100通りの答えがあるでしょう。しかしてそれは全て正解なんです。国の数は外務省のカウントでは現在54。それぞれが古い歴史を持ち、旅人を誘う魅力的な国ばかりです。そしてそのほとんどが陸続きのヨーロッパは恐らく「世界一鉄道旅行が得意な民族(地球の歩き方 旅プラザ調べ、調べというか感覚)」日本人旅行者にはうってつけの旅先と言えると思います。旅のテーマにも事欠かないヨーロッパ。もちろん本来の旅の楽しみでもある「食」も申し分はないのですが、ここは食費を抑えても、時間の許す限り1日でも長く1都市でも多く訪れてほしいところです。

※その他こんな旅がしたい!という要望がありましたら、地球の歩き方「旅プラザ」窓口にてご相談ください。旅のプロフェッショナルがあなた専用の旅をお手伝いします。
ご予約はこちら

アートに酔いしれたい!

美術館を巡る旅

ルーヴル(パリ)・プラド(マドリッド)・美術史美術館(ウィーン)このヨーロッパ3大美術館を筆頭に、ヴァチカン、ウフッツィ、ベルガモン、ベルリン国立、アムステルダム国立、オルセー、ポンピドゥー、ソフィア王妃、ピカソにゴッホ・・・一つひとつに3~4日かけても見尽くせないほどの名作を誇る美術館が次々と現れる欧州路。つまり、どんな周遊をしてもどこかで珠玉の収蔵品を楽しむことができるわけです。世界的名作を手が届く距離(触っちゃダメですよ)で見られるのも「美術・芸術」が身近にあるヨーロッパならでは。是非、時間のやりくりをして一生に1枚くらい「あの名画」を眺めてみても損はないと思いますよ。併設のミュー ジアムショップで販売しているオリジナルグッズやレプリカはお土産にも最適です。

ミュージアムチケット手配

これさえあればイタリア・フランスの各美術館の入場待ちの長~い列を横目にスマートに入場できちゃう!

パリ・ミュージアムパス
パリと近郊の主要な美術館と史跡に並ばず入場!日本で準備、現地でスイスイ。これが旅行の基本です。

イタリアおすすめチケット
イタリアの美術館入場券・入場予約はこちらから。イタリア滞在を満喫するためのチケットを取り揃えました。

夜行列車に乗ってみたい!

夜行列車でヨーロッパを旅する

確かに時間とホテル代の節約が寝台列車利用の一つの目的でもあるけれど、列車を待つターミナル駅はまさに「旅情」を感じる舞台です。そしてその時、あなたも紛れもなくそのシーンの主役である「行き交う旅人」の一人となります。再び訪れることはないかもしれないこの街を思い出に刻み、明日の朝には次の街へ。こんな少しの郷愁とワクワク感が交差する中、列車は静かに闇の中へ滑り出して行きます。特に見知らぬ人と相部屋は気力・体力が充実した今ならではの体験。この先、そうそう経験できるものではないでしょう。ただ残念なことに高速化が進む世の趨勢には勝てず、ヨーロッパ、特に西欧では寝台列車は路線廃止が相次いでいます。乗っておいて損はないと思いますよ。

鉄道の旅をもっと探す

その他の鉄道情報

自分でルートを考えたいあなたはこちらを参考に!

店長がこっそり伝授するヨーロッパの鉄道ルート作り!

ヨーロッパ鉄道ってそもそもどんな感じなの?

列車について | 鉄道パスについて | 国別鉄道情報

鉄道パス・鉄道チケット手配

鉄道パス・鉄道チケットだけの手配も承っています。周遊のご相談はこちらまで!

ヨーロッパサッカーの試合を見たい!

迫力満点のヨーロッパサッカー

これは多くの説明は不要ですね。
プレミアでもリーガでもセリエでもどこでもいいんです。そのスタジアムに足を踏み入れた瞬間、サッカーが文化であり人生でもあるサポーターたちの熱狂の訳を肌で感じ取ることでしょう。そして掛け値なしの真剣勝負、チャンピオンズリーグを目の当たりにするチャンスが今そこに。チケット代は高額ですが、サッカーファンなら一度は観戦してみて損はないと思いますよ。

ただいま取り扱い準備中です。

旅をさらに盛り上げる個人旅行アレンジ

欧州サッカー観戦チケット

チケットのみの手配も可能です!現地でも入手が難しいプレミアリーグ、攻撃的サッカーが魅力のリーガエスパニョーラはもちろん、欧州チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、ブンデスリーガやエールディビジも手配可能です。お申込みはこちらから

世界遺産を回りたい!

ヨーロッパは世界遺産の宝庫!

古代ローマ帝国時代の壮麗なる建築遺跡からセーヌ河岸のように今日も人々が普通に生活する日常の空間まで、ヨーロッパ主要都市を歩けば、永い歴史と変化に富んだ自然景観を持つ国に暮らす、我々日本人の感受性に訴える世界遺産がそこかしこに現れます。2013年には15,000人を超える受験者がチャレンジした世界遺産検定。受験者に占める割合は10代・20代が7割ですから学生の皆さんの興味も高いのではないでしょうか。その代名詞でもあるモン・サン・ミシェルを始め、実際にヨーロッパ旅行の主要目的に世界遺産を据えるケースは少なくありません。また、旅のテーマまでとはいかないまでもせっかくですから、一つ二つ、見ておいても損はないと思いますよ。

世界遺産の旅をもっと探す

ヨーロッパのお祭りを見たい!

日本とは違うヨーロッパのお祭りを体験しよう!

日本同様、厳しい冬が終わり新しい生命が息吹く季節を待ちかねるように、春先には各国で多くの祭りが行われます。中でもヨーロッパ3大カーニバル(ニース・ヴェネツィア・ビアレッジョ)はいずれも2月~3月に行われますので、卒業旅行で参加できるチャンスです。特にヴェネツィアとニースはアクセスも容易で2015年は両方「掛け持ち」も可能です。そして、旅プラザ一推しの祭りがスペインはバレンシアの火祭り!ビジュアルよりも音重視の超大型爆竹と言った感のある花火がバンバン打ち上げられ、火の粉が残った破片が飛びかう中、これもまた各町内自慢の巨大人形に片っ端から火が放たれる、日本人のDNAに刷り込まれた祭り好きの血を呼び覚ます、ラテンならではの勇壮(野蛮?)なお祭りです。
話のネタに見ておいても損はないと思いますよ。

他にもあるこんなお祭り

現地発着ツアー
個人旅行に自由に組み込めます。

その土地ならではの魅力的なプランを満喫できる現地発着ツアーは、ご希望にあわせて個人旅行に自由に組み込めます。

英語で本気旅!
adventure tour

普通の旅では飽きたりない、そんなあなたにオススメの現地発着ツアーです。

各種チケット
事前準備で時間とお金を節約!

パリの美術館・地下鉄のチケットや欧州サッカー観戦チケットなどは事前手配が賢い方法!